告知義務を全うする

保険契約をする際に被保険者は健康状態を保険会社にありのままに告知する義務があります。
今回の保険金未払い事件においては、告知義務違反を保険会社側の社員が悪用していたケースがあるようです。
本来、告知義務とは、危険度が高い人が加入したりして大数の法則に影響が出ることを回避するために行われるもので、告知義務者は職業や健康状態、最近5年以内の病歴や身体の障害状態などについて、正確に告知する必要があります。
今回の保険金未払い事件では、保険会社側は加入時に告知義務を怠ったとしたり、発病したのは保険加入前だから無効だなどとの理由で未払いをしていたという報告があります。
保険会社側が悪用するのは問題外ですが、保険に加入する契約者側もしっかりと告知義務を果たして、保険会社に付け入る隙を与えないことも必要です。
告知義務違反をした場合には、保険金は支払われませんので、契約者の義務として告知義務はしっかり全うしましょう。

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」