保険金の時効

保険金を請求する権利は、その支払いの事由が発生した日の翌日から起算して3年を経過したときは、時効により消滅します。
商法の規定では2年と定められていますが、生命保険約款では3年に延長して受取人や契約者の便宜を図っています。
しかし、日本人の風土として保険に入っていれば保険金は保険会社がいつでもすぐに親切に振り込んでくれると思い込んでいる場合がありますので要注意です。
基本は、「保険は請求しなければ、保険金はもらえない」と思ってしっかり、保険を請求することが大切です。
これも保険金の未払いを起こさせない重要な知識です。

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」