金融商品販売法

金融商品販売法(2001年4月1日施行)・・・金融商品の販売に係わる契約


金融商品販売法とは銀行、証券会社、保険会社などの金融機関や代理業者等が金融商品を販売する際には、その商品がもつリスク(市場リスク、信用リスクなど)の重要事項を説明しなければならない事を明確にした法律です。
重要事項について説明がされなく、損害が生じた場合は、販売業者に損害賠償請求ができます。
ただし、重要事項の説明がなかったことを立証する責任が消費者側にあるので注意が必要です。
時効があります。

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」