生命保険の基本原則

○大数の原則
数多くの事例や経験を集めると、ある程度の決まった傾向が現れる事になります。少しの数字では不確定要素が多いですが、大数で見るとある一定の法則になります。この法則を「大数の法則」と言います。
例としては、人の死亡率や事故の発生率などは過去の膨大なデータから数値が割り出せます。
各保険会社などはこの数値を元に、保険料などを算出しています。


○収支相等の原則
保険料を算出する場合は、払い込まれる保険料と支払う保険金が最終的に等しくなるように計算されます。この原則を「収支相等の原則」と言います。


○公平の原則
収支相等の原則が成立するには、各人で違うリスクの大きさによって、保険料を返る必要があります。(危険、事故、病気の確率が高い人には高い保険料、逆に確率が低い人には低い保険料)
この各人のリスクによって調節される、皆が平等になるようにしているのが、「公平の原則」です。

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」