保険の種類


保険を大きく分けると2種類に分類されます。 生命保険損害保険です。

生命保険
生命保険とは、『当事者の一方が相手方又は第三者の生死に関し一定の金額を支払うべきことを約し相手方がこれにその報酬を与えることを約する』(商法673条)という事になり、対象は人の生死であります。
生命保険金の支払い事由が生じた場合には保険契約時に定められた一定の保険金が支払われます。


損害保険
損害保険とは、『当事者の一方が偶然なる一定の事故により生ずることあるべき損害を補填することを約し相手方がこれにその報酬を与えることを約する』(商法629条)という事になり、対象は偶然の事故であります。
損害保険金は損害保険契約時に定められた金額を上限として、実際の損害分に応じた損害保険金が支払われます。(例外として傷害保険などの定額払いもあり)

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」